スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルミネーション

 夜、『今、仕事終わった。イルミネーション見に行かない?』とルナのちちに誘われて行って来ました。
 大きなクリスマスツリーですネ~。
 美味しそうな屋台も出ていました。
 サンタクロースも来ていました?
 
 
 一足早い?クリスマスを満喫しちゃいました。 オウチに着いたらお留守番してくれたルナにご褒美あげなくては!
スポンサーサイト

良い夢を見させていただきました

今日29日はイベントに出かけてnyakotomo先生に“わがみ絵”を教えていただくことになっていました。
でも、それは28日の夜、夢と化しました。
またいつか機会があったらと思っています。
nyakotomoさん、ドタキャンしてごめんなさい。

2011.3.11 被災したのはヒトだけではニャイワン

私の大切なお友達の一人、nyakotomoさんのブログよりお知らせしたことがあります。                        “にゃんこはうす写真展”3月28日~3月31日 12時~19時、4月1日 12時~17時                            以下“激愛!猫流(にゃんりゅー)島”引用                                                     3月28日(水)
~肉球白玉2012春をつくってみよう!~ by Mintmama!さん

参加費500円で肉球作りのコツを体験できます。
食べるだけなら300円です。

うぐいすきな粉と桜の花びらのトッピングが春らしい
紅白の肉球w 黒蜜で召し上がれ~

3月29日(木)
~和紙をちぎって猫の貼り絵を作ってみよう!~  by nyakotomo
参加費:1000円
時間:13時・15時(所要時間60~90分)
定員:各5名ですが、席の空き具合で随時入れます。
予約していただけば確実かと・・・
12×13.5cm(猫部分7.5cm角)
和紙のモフモフを活かして猫を作ります。
スクラップブック感覚で いろいろデコレーションして
楽しんでください。
壁掛け用にリボンを付けますので、このまま壁に飾れます。

3月30日(金)
~にゃんこパフェを作ろう!~ by タイピィさん
参加費:1000円
時間:14時から順次受け付けます
スイーツバイキングの楽しさ!
アクリル粘土で作ったトッピング材料をパフェのようにデコっていただきます。
大きさ:約5×2×2cm
タイピィさんのデコスイーツは、完成品のチャリティ販売もいたします。
ワークショップ及び物販の収益は にゃんこはうすの活動支援のために使わせていただきます
生活環境が変わってしまった猫ちゃんたちのお腹も満たされますように。
私はnyakotomo先生のわがみ絵に参加させていただきま~す。

「ねこのきもち」のふろく、ラッキープレゼントが当たりましたぁ

ルナとシェル型おもちゃ
ルナで~す。                                                                      9/28(水)の夜、おかあさんといっしょにおとうさんと待ち合わせておとうさんの実家に戻ってきました。
お部屋に着いたら良い事がありましたよぉ。
転がしてあそぶおもちゃが当たったのです。シェル型おもちゃ
シェル型で中に鈴が入っていて転がすと小さな小さな音がしま~す。
ルナは早速匂いをかいで味を確認して?ケリケリしてみましたぁ。
「ねこのきもち」さん、ありがとうございま~す。

5年前は仔猫で小猫でした ②

060819お見合い後のルナ jpg
ルナはお見合い後、早速故先住猫“はな”がお世話になっていた獣医さんに診ていただきました。その時にお誕生日を5月1日と獣医さんに決めていただきました。
(本当はネ、ルナは5にんきょうだいだったのでお誕生日は他の4にんと合わせたかったのですけれど。
相模どうぶつ愛護の会のK子さんに聞いたらどの仔もお見合いした日にちから3ヶ月さかのぼった日をお誕生日にしていると伺ったのでルナのきょうだいは皆お誕生日はバラバラです。)
獣医さんにルナは血液検査していただき、ミケトラさんが心配してくださっていた目も診ていただきました。
血液検査の結果、エイズ、白血病共に(-)でした。目は猫風邪と診断され、点眼薬(塗り薬)を処方していただきました。それから、ワクチンもうっていただきました。
当時、私の実家は現住所に引っ越したばかりで、パソコンは妹がお嫁入り道具の一つとして持っていってしまっていました。
ミケトラさんに携帯のEメールでルナは獣医さんに診ていただいたことと、実家の近くに眼科に力を入れている動物病院があることを伝えたら、早速その病院を調べてくださり、良い病院ということを知り、ルナの目を診ていただく事になり、今日に至っています。
ルナが家族の一員になったときにK子さんとミケトラさんに定期的にルナのことを伝えることもお約束の一つでした。 私はこれを聞いたとき嬉しかったのです。だって猫ちゃんと一緒にいると誰かに伝えずにはいられないような瞬間があって、それを伝えられる人が一度に二人もできたのですもの。
今でもお二人には感謝の気持ちで一杯です。 それから『いつでも里親募集中』で白猫ちゃんをみつけてくれた夫にもありがたいと思っています。世の中に私ほど幸せ者はいないでしょう。
これからもよろしくお願いいたします

プロフィール

ルナのはは

Author:ルナのはは
“お猫(にゃあ)さんといっしょ”へようこそ!

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。